脊柱管狭窄症

【足が痺れ歩けない、夜も眠れない】

昨日、「レントゲンで脊柱管狭窄症と言われ、リハビリも頑張っているんですが痛みがひどくて薬も効かないんですが治りますか?」と問い合わせがありました。もちろん見てもいないのに「治ります!」なんて無責任な事は言えないので一度お身体を診させて下さいとお伝えしました。

60代後半の女性で、来院された時も車で入口前に降ろしてもらい、腰が伸びないので何かを持っていないと歩けない状態。

3ヶ月前から痛みが出だし、電気治療やマッサージ、湿布や投薬など色々試したが日に日に痛みは増していき、腰が伸びないので上向きになると痛みで眠れなくなっていました。

狭窄症の症状はあるものの、まずは腰が伸びない原因を改善しようと背部にある胸腰筋膜を緩め、腹部の腹膜(この方は特に下部繊維)に刺激を入れ前後バランスを整えました。それだけでも腰が伸び、真っ直ぐ立ち上がる事が出来ました。


次に前後バランスが崩れた原因であろう内臓の調整と足関節の調整を行うと痛みや痺れ感も半分ほどに減り、物を持たなくても歩ける様になりました。
簡単な運動法と座り方の指導を行いこの日の施術は終了しました。

狭窄した部分はすぐには戻らないですが、原因を見つけ刺激を入れる事で痛みや痺れを改善させる事はおおいに可能です。
原因や刺激方法は人によっても違うので、もしお悩みの方がおられましたらお気軽にご相談下さい。


ながやま整骨院
大阪府東大阪市御厨栄町3-1-43
☎︎06-7162-4174



コメント

このブログの人気の投稿

はじめまして

良い治療所、悪い治療所